大内転筋:だいないてんきん

今回は内股部分にある「大内転筋」についてです。

(引用:ヒューマン・アナトミー・アトラス(Visible Body)より)

Tomy
太ももの内側にある大きな筋肉ですね!

 

筋肉の位置

筋肉のスタート地点は「骨盤の下部(恥骨枝+坐骨枝+坐骨結節)です。

(引用:同上)

そして、ゴール地点は「大腿骨の内側(粗線の全域+内側顆)」になっています。

(引用:同上)

Tomy
骨盤と大腿骨をつないでいるんですね!

 

基礎情報

「大内転筋」はその名の通り、股関節を内転(内に寄せる)させる筋肉です。

(引用:同上)

内転筋群(恥骨筋・短内転筋・長内転筋・大内転筋)の中でも最大の面積をもち、大きなパワーを発揮しています。

大内転筋を後ろから見てみると、特殊な筋走行をしている様子が見てとれます。

(引用:同上)

これはスタート地点から下方に向かって筋肉を強く”束ねている”構造です。

こういった「束ねる構造」は、より大きな力発揮を求められる大筋群によく見られます。

例えば「広背筋」や、

(引用:同上)

「大胸筋」においても同様に確認できます。

(引用:同上)

大内転筋は股関節をコントロールするうえで、大きなパワーを持っていることをぜひ覚えておきましょう。

Tomy
内転筋だから「大内転筋」なんですね!

 

一言メモ

「大内転筋」は平泳ぎのキックや乗馬の挟み込み動作の際によく働きますが、日常生活ではあまり使われない筋肉です。

使われないということは「衰えやすい部位」でもあるということです。

きちんと狙ってトレーニングをしていきましょう。

tomy
他のページも覗いてみてね。

 

<セラピストの皆さんへ>

トップセラピストに必要な“実践的ノウハウ”をまとめています。

→【トップセラピスト養成講座(全50話)

==

また現場で活躍するセラピストに向けた“人気コラム”も書いています。

→【セラピストサロン

ぜひ覗いてみてください。

シェア・ブックマークも忘れずに

「また後で見に来よう!」で見失わないように、シェア・ブックマークボタンをぜひご活用ください。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

千葉県出身。 現在は「健康」×「教育」の仕事に従事。 将来の夢は「全ての人が毎日身体のケアをする文化を創ること」。 ”歯磨きすること”と同じくらいの感覚で、体のケアをする文化が広まれば、きっと世界を変えていける!と信じている。 マイペースで群れることが嫌いな典型的なB型気質。同居人(?)”うぱ”とののんびりライフを進行中。 ◯順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科(スポーツ医科学専攻) ◯日本ストレッチング協会:認定ストレッチインストラクター<JSA-CSI> ◯全米ストレングス&コンディショニング協会<認定パーソナルトレーナー(CPT)&認定SCスペシャリスト(CSCS)>