肩甲骨の下方回旋(両肘を背中で近づける動き)

今回は「肩甲骨の下方回旋(両肘を背中で近づける動き)」についてです。

(引用:ヒューマン・アナトミー・アトラス(Visible Body)より)

Tomy
肩甲骨が斜め下に向かってスライドする動きですね!



関連する筋肉

「肩甲骨の下方回旋(両肘を背中で近づける動き)」の際は、

  1. 菱形筋
  2. 肩甲挙筋
  3. 小胸筋

の3つの筋肉が働いています。

体の後面で働くのが「菱形筋と↓

「肩甲挙筋」です↓

そして前面で働くのが「小胸筋」です↓

この前後の筋肉の関係性は、横から見るとよくわかります。

Tomy
肩甲骨を前の筋肉が下に引っ張り、後ろの筋肉が上に引っ張ることで「回転動作」が生じているんですね!

 

基礎情報

日常生活における「肩甲骨の下方回旋(両肘を背中で近づける動き)」動作は

  • 洗濯物を取り込む動き
  • 懸垂で体を持ち上げる動き(特にあごがバーの上に出る動き)

などで使われています。

肩甲骨の基本動作の1つであり、非常に使用頻度が高い動作です。

特に「上方回旋動作」とは対の関係性にあるため、関連する筋肉群をきちんとケアしておかないと肩甲骨の動きに悪影響が生じてしまいます。

Tomy
体のバランスを整えることが大切ですね!

 

一言メモ

肩甲骨周りは、たくさんの筋肉が連動して働いています。

”筋肉のつながり””層の違い”までぜひ理解しておきましょう。

tomy
他のページも覗いてみてね。

 

筋肉の勉強をさらに深めたい方へ

このサイトの筋肉イラストはヒューマン・アナトミー・アトラスというアプリを活用しています。

アプリのダウンロードは下記よりどうぞ↓

アプリ内容の”詳細”については、ぜひこちらのブログをお読みください。

より詳しく勉強をしてみたい方は、以下の参考書もご参照ください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

千葉県出身。 現在は「健康」×「教育」の仕事に従事。 将来の夢は「全ての人が毎日ストレッチする文化を創ること」。 ”歯磨きすること”と同じくらいの感覚で、体のケアをする文化が広まれば、きっと世界を変えていける!と信じている。 マイペースで群れることが嫌いな典型的なB型気質。同居人(?)”うぱ”とののんびりライフを進行中。 ◯順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科(スポーツ医科学専攻)卒 ◯日本ストレッチング協会会員:認定ストレッチインストラクター<JSA-CSI> ◯NSCA-JAPAN正会員<NSCA-CPT> ***大人気ブログ「ストレッチのチカラ」も絶賛運営中!→「http://tomy-blog13.com