股関節の内転(足を内へ寄せる動き)

今回は「股関節の内転(足を内へ寄せる動き)」についてです。

(引用:ヒューマン・アナトミー・アトラス(Visible Body)より)

Tomy
足を閉じていく動きですね!



関連する筋肉

「股関節の内転(足を内へ寄せる動き)」の際は、

  1. 恥骨筋
  2. 短内転筋
  3. 長内転筋
  4. 大内転筋
  5. 薄筋

の5つの筋肉群(内転筋群)が働いています。

骨盤近くから順番に見ていくと、まず「恥骨筋」があります↓

続いて「短内転筋」があり↓

そのすぐ下に「長内転筋」

さらにその下に「大内転筋」があります↓

そして、これらの内転筋群を全て飛び越える形で「薄筋」が存在しています↓

Tomy
内転筋群なので、基本的には内側の筋肉ですね!

 

 

基礎情報

日常生活における「股関節の内転(足を内へ寄せる動き)」動作は

  • 座った姿勢で膝を閉じる動き
  • 平泳ぎの蹴りの動き

などで使われています。

股関節の基本動作ではありますが、日常生活で使う機会はそう多くありません。

Tomy
筋力の低下が起こりやすい部位でもあるので、しっかりとトレーニングをしたほうがいいですね!

 

一言メモ

内転筋群が弱くなると、真っ直ぐとした膝の踏み出しに悪影響を及ぼすことがあります。

ケア・トレーニングともに、意識的に行う必要がある部位です。

ぜひ覚えておきましょう。

tomy
他のページも覗いてみてね。

 

筋肉の勉強をさらに深めたい方へ

このサイトの筋肉イラストはヒューマン・アナトミー・アトラスというアプリを活用しています。

アプリのダウンロードは下記よりどうぞ↓

アプリ内容の”詳細”については、ぜひこちらのブログをお読みください。

より詳しく勉強をしてみたい方は、以下の参考書もご参照ください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

千葉県出身。 現在は「健康」×「教育」の仕事に従事。 将来の夢は「全ての人が毎日ストレッチする文化を創ること」。 ”歯磨きすること”と同じくらいの感覚で、体のケアをする文化が広まれば、きっと世界を変えていける!と信じている。 マイペースで群れることが嫌いな典型的なB型気質。同居人(?)”うぱ”とののんびりライフを進行中。 ◯順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科(スポーツ医科学専攻)卒 ◯日本ストレッチング協会会員:認定ストレッチインストラクター<JSA-CSI> ◯NSCA-JAPAN正会員<NSCA-CPT> ***大人気ブログ「ストレッチのチカラ」も絶賛運営中!→「http://tomy-blog13.com