全身:前側(浅層フロントライン)*アナトミートレイン

今回は体の前面にある「浅層フロントライン」についてです。

(引用:ヒューマン・アナトミー・アトラス(Visible Body)より)

Tomy
全身の前側にある大きな筋肉群ですね!



筋肉の位置

ラインのスタート地点は、後頭部にある「頭皮筋膜(後頭部)」です。

(引用:同上)

そこから首の横にある「胸鎖乳突筋」へ回り、「胸骨筋」→「腹直筋」へとつながります。

(引用:同上)

骨盤を経て、下半身は「大腿直筋」から始まります。

(引用:同上)

膝から下は「前脛骨筋」「長趾伸筋」、そして「前下腿区画」を経て最終的には「つま先」へと繋がっていきます。

(引用:同上)

Tomy
体の前側をまっすぐに下っているんですね!

 

基礎情報

「浅層フロントライン」

  1. 姿勢の維持
  2. 反射活動

の2点において重要な役割を果たしています。

この筋肉群は「速筋線維」がメインとなって構成されており、ハッと驚いた際に体を縮める反応の大部分は、このラインの収縮によって引き起こされています。

Tomy
体を守るうえで重要な役割を担っているんですね。

「浅層フロントライン」は厳密に言うと、上半身のラインと下半身のラインが連結していません。

(引用:同上)

したがって、座っている時や股関節を曲げている時は

  • 「頭〜骨盤」
  • 「骨盤〜つま先」

”2ライン”に分けられています。

ライン全体をストレッチする際は、立ち上がって股関節を伸ばした状態で行うことが大切です。

Tomy
これらの筋肉群はセットで覚えておきたいですね!

 

一言メモ

「浅層フロントライン」「浅層バックライン」と対になって働いています。

筋肉全体を俯瞰して見れるようにぜひしっかり勉強していきましょう。

tomy
他のページも覗いてみてね。

 

筋肉の勉強をさらに深めたい方へ

このサイトの筋肉イラストはヒューマン・アナトミー・アトラスというアプリを活用しています。

アプリのダウンロードは下記よりどうぞ↓

アプリ内容の”詳細”については、ぜひこちらのブログをお読みください。



より詳しく勉強をしてみたい方は、以下の参考書もご参照ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

千葉県出身。 現在は「健康」×「教育」の仕事に従事。 将来の夢は「全ての人が毎日ストレッチする文化を創ること」。 ”歯磨きすること”と同じくらいの感覚で、体のケアをする文化が広まれば、きっと世界を変えていける!と信じている。 マイペースで群れることが嫌いな典型的なB型気質。同居人(?)”うぱ”とののんびりライフを進行中。 ◯順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科(スポーツ医科学専攻)卒 ◯日本ストレッチング協会会員:認定ストレッチインストラクター<JSA-CSI> ◯NSCA-JAPAN正会員<NSCA-CPT> ***大人気ブログ「ストレッチのチカラ」も絶賛運営中!→「http://tomy-blog13.com