腓腹筋:ひふくきん

今回はふくらはぎにある「腓腹筋」についてです。

(引用:ヒューマン・アナトミー・アトラス(Visible Body)より)

Tomy
ふくらはぎにある大きな筋肉ですね!



筋肉の位置

筋肉のスタート地点は「大腿骨の下端(内側顆+外側顆)です。

(引用:同上)

そして、ゴール地点は「アキレス腱を経て踵骨隆起(かかと)」になっています。

(引用:同上)

Tomy
大腿骨と踵をつないでいるんですね!

 

基礎情報

「腓腹筋」は、ふくらはぎにおける最大の筋肉です。

筋長が長く、膝と足首を両方飛び越える”二関節筋”として働いています。

(引用:同上)

そのため、膝を曲げる動き(屈曲)と、

(引用:同上)

つま先を伸ばす動き(底屈)

(引用:同上)

の2つの動作に関わっています。

この腓腹筋は「アキレス腱」へと直接つながっています。

柔らかい筋肉と硬い腱の連結部位はダメージを受けやすく、境目部分(筋腱移行部)は”肉離れ”等の好発部位でもあります。

(引用:同上)

Tomy
しっかりストレッチをして、ケアをしておくことが大切ですね。

また、腓腹筋を学ぶ上では「ヒラメ筋」の存在も併せて理解しておく必要があります。

筋肉の走行位置としては、ヒラメ筋の”上”を腓腹筋が走る形になっています。

(引用:同上)

上述したように「腓腹筋」は、膝と足首を両方飛び越える”二関節筋”です。

一方の「ヒラメ筋」は、足首のみを飛び越える”単関節筋”です。

したがって、

  • ランニングやジャンプなど、ふくらはぎ全体を大きく使う運動=「腓腹筋」がよく働く
  • 足首の曲げ伸ばしや、立ちっぱなしにおける足首の固定動作=「ヒラメ筋」がよく働く

という特徴があります。

協働して働くことをぜひ覚えておきましょう。

Tomy
腓腹筋とヒラメ筋はセットで覚えておきたいですね!

 

一言メモ

「腓腹筋」へのストレッチの際は、踵を地面につけ、膝を伸ばした状態で行います。

一方で「ヒラメ筋」へのストレッチの際は、踵を地面につけ、膝を曲げた状態で行います。

2種類の動きを使い分けて、適切な伸び感をコントロールしていきましょう。

tomy
他のページも覗いてみてね。

 

筋肉の勉強をさらに深めたい方へ

このサイトの筋肉イラストはヒューマン・アナトミー・アトラスというアプリを活用しています。

アプリのダウンロードは下記よりどうぞ↓

アプリ内容の”詳細”については、ぜひこちらのブログをお読みください。



より詳しく勉強をしてみたい方は、以下の参考書もご参照ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

千葉県出身。 現在は「健康」×「教育」の仕事に従事。 将来の夢は「全ての人が毎日ストレッチする文化を創ること」。 ”歯磨きすること”と同じくらいの感覚で、体のケアをする文化が広まれば、きっと世界を変えていける!と信じている。 マイペースで群れることが嫌いな典型的なB型気質。同居人(?)”うぱ”とののんびりライフを進行中。 ◯順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科(スポーツ医科学専攻)卒 ◯日本ストレッチング協会会員:認定ストレッチインストラクター<JSA-CSI> ◯NSCA-JAPAN正会員<NSCA-CPT> ***大人気ブログ「ストレッチのチカラ」も絶賛運営中!→「http://tomy-blog13.com