大腿筋膜張筋(腸脛靭帯):だいたいきんまくちょうきん(ちょうけいじんたい)

今回は太ももの外側部分にある「大腿筋膜張筋」についてです。

(引用:ヒューマン・アナトミー・アトラス(Visible Body)

Tomy
太ももの外側にある大きな筋肉ですね!



筋肉の位置

筋肉のスタート地点は「腸骨稜の前側です。

(引用:同上)

そして、ゴール地点は「脛骨の外側顆」になっています。

(引用:同上)

Tomy
骨盤と脛骨をつないでいるんですね!

 

基礎情報

「大腿筋膜張筋」は、太ももの最も外側にある筋肉であり「大腿四頭筋」を外から包みこむようにして走行しています。

(引用:同上)

主な働きは、足を外へ広げる動き(外転)と、

(引用:同上)

股間節を折り曲げ(屈曲)ながら、内に向かって捻る動き(内旋)です。

(引用:同上)

この「屈曲+内旋」動作は、歩く際につま先が外へ開かないようキープしておく役割をもっています。

もし、この働きがなかったら、私たちは「ガニ股歩き」になってしまいます。

大腿筋膜張筋の構造は、その大部分が「腸脛靭帯」と呼ばれる硬い線維で占められています。

(引用:同上)

そのため”固定力”に優れ、動作に「安定性」をもたらすという特徴があります。

一方でこの「安定性」という言葉は、こわばりやすさがあるという意味でもあります。

長時間の立ちっ放しや歩きっ放しの際は、疲労を抱えやすいのできちんとケアをしていきましょう。

Tomy
太ももの外側は、ケアの際に見落としがちな部位です。意識して取り組みましょう!

 

一言メモ

「大腿筋膜張筋はあまり有名な筋肉ではありませんが、人間の直立二足歩行を実現する上で必要不可欠な筋肉です。

疲労を抱えやすい筋肉でもあるので、しっかりとケアしていきましょう。

tomy
他のページも覗いてみてね。

 

筋肉の勉強をさらに深めたい方へ

このサイトの筋肉イラストはヒューマン・アナトミー・アトラスというアプリを活用しています。

アプリのダウンロードは下記よりどうぞ↓

アプリ内容の”詳細”については、ぜひこちらのブログをお読みください。



より詳しく勉強をしてみたい方は、以下の参考書もご参照ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

千葉県出身。 現在は「健康」×「教育」の仕事に従事。 将来の夢は「全ての人が毎日ストレッチする文化を創ること」。 ”歯磨きすること”と同じくらいの感覚で、体のケアをする文化が広まれば、きっと世界を変えていける!と信じている。 マイペースで群れることが嫌いな典型的なB型気質。同居人(?)”うぱ”とののんびりライフを進行中。 ◯順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科(スポーツ医科学専攻)卒 ◯日本ストレッチング協会会員:認定ストレッチインストラクター<JSA-CSI> ◯NSCA-JAPAN正会員<NSCA-CPT> ***大人気ブログ「ストレッチのチカラ」も絶賛運営中!→「http://tomy-blog13.com